FC2ブログ

カンムリワシ・野生動物の交通事故を防ぎましょう。

富野小学校にてカンムリワシ放鳥会

2019年1月16日の朝、富野小学校前で登校中の児童が交通事故にあって動けなくなっているカンムリワシを発見、先生から通報し、救護されました。
救護時はかなりの重傷で、特に右顔面を強く打っており、出血、腫れ、眼内出血もありました。
右目はこの事故のために失明してしまいました。
石19-01-2

野生動物救護ドクター(たまよせ動物病院)による懸命の治療のおかげで、回復し、2/6にはリハビリケージに移行しました。

2019219.jpg

リハビリ当初はまだ顔面に腫れもあり、低い止まり木にしかとまれませんでしたが、徐々に運動能力は回復し、
ケージ内では飛び回れるようになりました。
しかし、なかなか自分で餌を食べる事ができず、約3ヶ月の長期リハビリとなりました。
交通量の多いであろう、GWを避けて、本日5/8の放鳥となりました。
20190216.jpg

救護に協力してくださった富野小学校にてカンムリワシ放鳥会を行いました。

環境省から今回の救護の経緯と、カンムリワシの交通事故の現状をお話していただきました。

発見してくれた生徒さんに感謝状の贈呈をしました。

名前を「トミージュニア」とつけてもらいました。

IMG_7664.jpg

少し海側に移動してカンムリワシを放鳥しました。

IMG_7687.jpg

地面に置くと、すぐに飛び立ち、翻って近くの木にとまりました。その後山側へと飛んでいきました

IMG_7694.jpg

富野の地はカンムリワシにとってとてもよい生息地。

おもと山の麓に位置し、山からの水も流れ、海へつながるとても環境のよい地です。

そんなところで児童の登校時間にカンムリワシを轢いて、放置していくような大人は猛省してください。

今回は迅速な救護で命が助かりました。富野小の皆さんには本当に感謝いたします。
これからもどうぞカンムリワシを見守ってください。

トミージュニアには左足にPの刻印が入った黒い足輪をつけています。
足輪のついたカンムリワシを確認下方はカンムリワシ・リサーチkresearch526@yahoo.co.jp ;までお知らせください。

万が一カンムリワシを轢いてしまった、動けないカンムリワシを発見した場合は以下にご連絡ください。
迅速な救護で助かる命もあります。

環境省石垣自然保護官事務所  0980-82-4768 (時間外090-5287-6119)
石垣市教育委員会文化課  0980-83-7269
西表野生生物保護センター  0980-85-5581 




関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

よんなー

Author:よんなー
カンムリワシリサーチのブログです。

Facebook
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: