FC2ブログ

カンムリワシ・野生動物の交通事故を防ぎましょう。

再放鳥 マックス

2014年10月に放鳥したカンムリワシ「マックス」が
2月16日に害獣防除用の網にかかり救護されました。

マックス

幸い発見が早く、発見者が網を切って救護してくださったので、無傷ですみました。

平田家畜病院で診察治療を受け、やいま村のリハビリをし、本日3/6午前放鳥しました。

マックス2


曇りの予報でしたが、風が強く、小雨もふるあいにくの天気でしたが、かえってカラスの邪魔が入らないと判断して
放鳥しました。

風をよけながらの低空飛行ではありましたが、すいーっと飛んで、まずはサトウキビの上で一時羽休め。

マックス3


その後奥の畑方向へと姿を隠しました。

農業用の鳥よけ、害獣防止ネットに絡んでカンムリワシが保護されるケースが少なからずあります(混獲)。

農家の皆さまには害獣被害でお困りのこととは思いますが、ネットの見回りと、
カンムリワシ等対象動物以外が絡んでいた場合の速やかな救護をお願いいたします。

カンムリワシが絡まってしまっていた場合は、交通事故等の傷病個体(死体を含む)を発見した場合は下記へご連絡ください。

 石垣島 0980-84-4768(石垣自然保護官事務所)
      0980-83-7269(石垣市教育委員会文化財課)
 西表島 0980-85-5581(西表野生生物保護センター)

関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

よんなー

Author:よんなー
カンムリワシリサーチのブログです。

Facebook
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: