カンムリワシ・野生動物の交通事故を防ぎましょう。

またも交通事故被害に・・・

9/29またしてもカンムリワシの交通事故が発生しました。
9月に入って3件目の交通事故・・・・・。 
石16ー05救護時
救護場所は石垣市川平の沖縄県水産海洋研究センター付近です。
治療にあたった獣医師の先生によると、
「右の翼の橈骨及び尺骨(人で言うと手首と肘の間の骨)の開放骨折が認められました。
皮膚の表面の損傷もかなり酷く、翼がねじれてしまっていたため、タイヤに巻き込まれた可能性が高い」
という、かなり厳しい状態のようです。
現在手術を終えて、経過観察とのことです。
石16ー05右翼骨折箇所

ひとり立ちを始めた幼鳥も道路沿いで確認されています。
 
速度が増大すると運転者の視野は狭くなり、運転者が周囲の潜在的な危険を認識する能力が大きく減退するそうです
(JAFのHPよりhttp://www.jaf.or.jp/qa/ecosafety/careful/06.htm)
ご自身や同乗者の安全のためにも、島の野生生物のためにもどうか法定速度内のお願いいたします。
続きを読む
プロフィール

よんなー

Author:よんなー
カンムリワシリサーチのブログです。

Facebook
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: