カンムリワシ・野生動物の交通事故を防ぎましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンムリワシ観察会2012

今年もカンムリワシ観察会が催されました。
毎年参加してくださるリピーターさんもいて、うれいしい限りです。

P1100003.jpg
朝8:30に石垣やいま村に集合して、てくてく歩いて観察場所へ。
15分程歩いたら、山のふもとの水田地帯に到着です。
カエルやタウナギ、蛇などが住みやすい水田はカンムリワシにとって絶好の住処です。
P1100018.jpg
ちょっと遠いけど、カンムリワシが電柱の上に止まっています。
さらに遠くにもう一羽。
P1100015.jpg
P1100034.jpg
双眼鏡や望遠鏡をのぞいて・・・・「見えたよ!!」

P1100042.jpg
私の足に、イシガケチョウがとまったの。
P1100045.jpg
おじちゃんの肩にもとまってるよ。
P1100039.jpg
小さなおててに小さなカエル。
カエルもカンムリワシの食べ物です。
P1100052.jpg
ピンク色がきれいなつぶつぶ、何の卵かな???

正解はジャンボタニシ・・・・・外来種です。

P1100040.jpg
誰の足跡かな? ぬかるみに残る謎の足跡。

P1100029.jpg
それにしても良い天気です!!暑いくらい!
P1100033.jpg
帰るまでず~~っと同じ場所にいたカンムリワシさん。
交尾期には自己主張のためか、よく電柱などの目立つ場所にとまってます。

カンムリワシや水田の生き物を観察しながら、やいま村に戻ってきました。

P1100059_20120129203906.jpg
カンムリワシ週間のもととなった八重山民謡「鷲ぬ鳥節」を鑑賞しました。
生演奏の唄三線をBGMに、2羽のカンムリワシが舞い踊りました。

その後はやいま村で飼育展示されているカンムリワシ「よんなー」クンを観察し、自由解散。

今年のカンムリワシ週間も無事終了いたしました。

来年の旧正月、カンムリワシ週間も是非お楽しみに!!





スポンサーサイト
プロフィール

よんなー

Author:よんなー
カンムリワシリサーチのブログです。

Facebook
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。