カンムリワシ・野生動物の交通事故を防ぎましょう。

強運かびらん、川平小中で放鳥会

DSC_0477.jpg

2010年2月21日に石垣島川平でカンムリワシの交通事故の目撃情報がありました。

通報してくださったのは観光タクシーの運転手さん。
お客様が乗車中だったため、事故に会ったカンムリワシを路肩の安全な場所に移動して、石垣自然保護官事務所に連絡してくださいました。しかし、自然保護官が到着すると、カンムリワシの姿はなく、羽が数枚残っていて、行方知れずに・・・・

そして3/3、川平小の教諭と生徒さんがクラブ活動中に上から落ちてきたカンムリワシを保護、
残されていた羽根のDNA鑑定の結果、同個体である可能性が高いとのこと!!

なんと強運なカンムリワシでしょうか!

その時の新聞記事  http://www.y-mainichi.co.jp/news/15660/

その後、動物病院での治療、リハビリを経て、事故から約4ヶ月後の6月29日、保護地点に近い川平小中学校で放鳥することとなりました。

放鳥に先立ち、カンムリワシリサーチの佐野代表による講演がありました。
DSC_0486.jpg
DSC_0488.jpg

皆さん熱心に聞いてくださいました。

校庭に場所を代えて、お待ちかねの「かびらん」登場!

DSC_0504.jpg

DSC_0507.jpg

生徒さんたちから「お世話してくれてありがとう」の感謝の言葉をいただきました。

DSC_0511.jpg
かびらんを保護してくれた川平小中の生徒さんたちと記念撮影。
kabiran.jpg


P1030140.jpg
皆が見守る中、校庭に放たれたかびらんは校庭をすうーっと渡り、学校に隣接する森へと姿を消しました。
なつかしい なつかしい 住み慣れた森へ・・・・

時々学校の近くに姿を見せてくれるといいですね。

かびらんは左脚に赤のEの足環をつけています。

目撃情報はカンムリワシリサーチまでお寄せください!!


かびらんが事故に遭った道路、通称ヨーンの道。

川平集落に向かうこの道路は林の中を走り、カンムリワシはじめ野生動物の交通事故多発現場でもあります。

昼でも薄暗い道なのに、スピードを出す車のなんと多いことか。

ご自身の安全のためにも、少しスピードを緩めて、余裕のある運転をお願いいたします。








プロフィール

よんなー

Author:よんなー
カンムリワシリサーチのブログです。

Facebook
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: