カンムリワシ・野生動物の交通事故を防ぎましょう。

カンムリワシ放鳥 : ミツキ

1月11日に石垣市富野で保護されたカンムリワシ石10-02(2010年2番目に保護された個体)。

市民の方の救護、たまよせ動物病院、平田家畜病院の先生方による治療、石垣やいま村でのリハビリを終え、

約70日ぶりにに元の棲家へと戻っていきました。

みつき

成鳥の♀であり、3月の放鳥にちなんで「ミツキ」と名づけられました。

地元の子供たちに見送られ、勢いよく(予想外の方向へ・・・)一気に飛んで行きました。

mitsuki.jpg

ええ、写真も撮れないほどに・・・・

きっとあの林がミツキの落ち着く場所だったのでしょう。

これからカンムリワシは交尾し、営巣する時期に入ります。

ミツキにも待ってくれている彼氏がいるのかも知れません。

片目の視力がない個体で、心配ではありますが、今日の飛び方は何の心配も感じさせませんでした。

きっと生き抜いてくれる!!そう願っています。

左足に白のバンドがついています。確認した方はご連絡ください。



ミツキの放鳥場所には小川が流れていて、子供たちも早速遊んでいました。

石10-02放鳥 (14)

カニさんいるかな?

みずたまりにある足跡は誰のかな?

石10-02放鳥 (12)

ちいさな生き物がたくさん暮らしているんだね。

皆さん、くれぐれも車の速度を落としてドライブをたのしんでください

プロフィール

よんなー

Author:よんなー
カンムリワシリサーチのブログです。

Facebook
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: