FC2ブログ

カンムリワシ・野生動物の交通事故を防ぎましょう。

カンムリワシ交通事故発生

3/19 10時半頃、崎枝のピースリーマンション付近の県道79号線でカンムリワシの交通事故が発生しました。

幸い脳しんとうですんだらしく、救護者が駆けつけた時には街路樹にとまり、
その後自力で飛び去ったとのことです。

発見者が道路上で動けないカンムリワシを歩道上に移動してくださったことで後続車に轢かれる等の2次被害にあわずにすんだようです。

ただ、この付近では3/8にもカンムリワシが交通事故にあい、カラスに襲われ、翌日死亡したばかりです。

付近はカンムリワシの生息地、営巣地でもあり、より一層の注意が必要です。

ドライバーの皆様はより一層の注意をお願いいたします。


万が一、交通事故にあったカンムリワシ、死亡しているカンムリワシを発見した場合は、下記へご連絡ください。
カンムリワシ保護連絡先   
環境省石垣自然保護官事務所 0980-82-4768
石垣市教育委員会文化課 0980-83-7269
西表野生生物保護センター 0980-85-5581

54435006_2226930244214576_6187062907155513344_n.jpg


小学校の前で。・・・・・カンムリワシ交通事故発生

2019年1月16日 7:40 石垣市富野の小学校前野道路で、

交通事故に遭ったカンムリワシを登校中の児童が発見しました。

カンムリワシは顔面を強打しており、右顔面の著しい腫脹と、右眼の眼内出血、

口腔内からの出血もあり、かなりの重傷です。

現在野生動物救護ドクターのもとで治療を受けています。

2016年から、カンムリワシが犠牲になる重傷死亡事故が続いています。

交通事故件数はほぼ横ばいですが、死亡事故件数が増加、被害個体の損傷が激しい症例が増えています。

これは加害自動車が相当な速度をだしていたと考えられます。

子供たちの見本となる大人でいたいですね。

制限速度を守るのは運転免許を持つ大人として当たり前のことでしょう?

1月マップ小

どうか安全運転で・・・

2018年のカンムリワシの交通事故件数は15件、そのうち13件でカンムリワシが死亡しました。

内訳は石垣島で9件内8羽死亡、西表島6件内5羽死亡。

カンムリワシの死亡事故件数は過去最多となってしまいました。

grahu20181229.jpg

事故件数は横ばいでも、死亡率が高いのは、

衝突時の衝撃が激しかったこと=速度超過の車にぶつかった可能性が高いといえます。

2016年から即死、あるいは瀕死といった状態のカンムリワシの救護が相次いでいます。

島にお住まいの皆さんも日々の交通量増加や速度超過の車の増加を実感していると思います。

時速40km/hで走行していればお互いに回避できるでしょう。

避けきれない事故だったとしても、命は助かる可能性が高くなります。

安全運転をお願いするのはそのためです。

カンムリワシの生息地の中に道路があることを心に留めてください。

(12月発行)カンムリワシ運転注意マップ小

P1180130_Moment(4).jpg




クリスマスに2件の死亡事故

とてもとても残念でなりません。
今日12/25に2件のカンムリワシの交通死亡事故が発生しました。
1件目は朝9時頃、伊土名にて
2件目は15:20 名蔵にて発見されました。

2件目の被害個体は昨年末衰弱して保護され、1月に放鳥したカンムリワシ、「アルタ」でした。
アルタは先日まで元気な姿が確認されていました。
搬送されたアルタの顔面は踏みつぶされていたそうです。
ぶつかったと言うよりは轢かれたのでしょう。

1件目のカンムリワシも発見時すでに死亡していましたが、路上には苦しんだであろう痕があったそうです。

カンムリワシが野生で生きていくのは様々な試練があります。
中には餌がとれずに命落とす事もあるでしょう。・・・・しかし、交通事故で命を失うのはあまりにも理不尽です。

カンムリワシ交通事故で死亡

2018年12月11日午前10時頃、石垣島のおもとトンネル手前で交通事故にあったカンムリワシが救護されました。

救護されたのは体重1kgもある栄養状態のよい成鳥。

しかし、頭部と胸部を強打しており、瀕死の重傷でした。

野生動物救護ドクター(たまよせ動物病院)に搬送され、懸命な治療が施されたものの、

その日の夜に死亡してしまいました。

近年、交通量の増加とともに、速度超過の車が目立つようになり、それに比例するように

カンムリワシの重傷事故も増加しています。

2018年のカンムリワシの交通事故は13件、死亡は11件となってしまいました。

2016年までは交通事故にあったカンムリワシの約半数は回復し、野生復帰できました。
2017年、2018年は死亡率が80%を超えています。

八重山の道路の制限速度は40km/h~50km/h

農道や集落はそれより低い速度です。

民家や人がいない場所では野生動物が暮らしています。彼らも道路を横切るし、道路に降りていることすらあります。

制限速度内で走行していれば、お互い避ける事ができても、猛スピードの車は避けることすらできません。

そして衝撃もひどくなります。

安全運転をお願いするのは、交通事故は防げることだから。

どうか1人1人がペースドライバーになってください。

プロドライバーの方は一般ドライバーへの見本となってください。

朝も昼も夜も、猛スピードで走行してよい道は八重山にはありません。



カンムリワシの保護連絡先   
石垣島    
環境省石垣自然保護官事務所0980-82-4768
(時間外090-5287-6119)
石垣市教育委員会文化課   0980-83-7269
西表島  
西表野生生物保護センター 0980-85-5581 

プロフィール

よんなー

Author:よんなー
カンムリワシリサーチのブログです。

Facebook
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: