FC2ブログ

カンムリワシ・野生動物の交通事故を防ぎましょう。

カンムリワシ運転注意マップ 

カンムリワシ運転注意マップ 最新版(9/19製作)です。

近年のカンムリワシの交通事故現場を記しています。クリックすると大きな画像でご覧いただけます。

石垣島でお車を運転する方は、参考になさってください。

観光業の方はお客様はじめ、車通勤の従業員の皆さんにも注意喚起をお願いいたします。

画像を印刷の上、配布していただけると助かります。

(9月19日発行)カンムリワシ運転注意マップ


save animals

カンムリワシ交通事故多発!!!!

カンムリワシの交通事故が多発しています。

子育て期を終えてカンムリワシの姿が沿道で見られるようになった途端、

8/30 ライスセンター付近で交通事故に遭ったカンムリワシを救護 → 動物病院にて治療中

9/10 桴海大田 西海区水産研究所付近で事故にあったらしいカンムリワシを確認 → 自力で飛び去る

9/12 バンナ公園西口近くでカンムリワシ交通死亡事故

9/15 大本小学校付近で交通事故にあったらしいカンムリワシを救護 → 翌朝死亡


と、立て続けに交通事故、しかも死亡事故が2件も起こってしまいました。

カンムリワシは路肩や路上で採餌したり、道路上を低空で飛ぶことがあります。

法定速度内の40km/hで走行していれば、カンムリワシの存在に気がつけるでしょうし、
事故を避けることができる可能性がたかいです。

どうかドライバーの皆さん、ご自身や同乗者の安全のためにも、野生動物のためにも、安全運転をお願いいたします。


万が一、交通事故にあったカンムリワシ、死亡しているカンムリワシを発見した場合は、下記へご連絡ください。  
環境省石垣自然保護官事務所 0980-82-4768
石垣市教育委員会文化課 0980-83-7269
西表野生生物保護センター 0980-85-5581

48350199_1542046862605593_2126435267412754432_n.jpg

P1000319_Moment.jpg

カンムリワシ交通事故発生

3/19 10時半頃、崎枝のピースリーマンション付近の県道79号線でカンムリワシの交通事故が発生しました。

幸い脳しんとうですんだらしく、救護者が駆けつけた時には街路樹にとまり、
その後自力で飛び去ったとのことです。

発見者が道路上で動けないカンムリワシを歩道上に移動してくださったことで後続車に轢かれる等の2次被害にあわずにすんだようです。

ただ、この付近では3/8にもカンムリワシが交通事故にあい、カラスに襲われ、翌日死亡したばかりです。

付近はカンムリワシの生息地、営巣地でもあり、より一層の注意が必要です。

ドライバーの皆様はより一層の注意をお願いいたします。


万が一、交通事故にあったカンムリワシ、死亡しているカンムリワシを発見した場合は、下記へご連絡ください。
カンムリワシ保護連絡先   
環境省石垣自然保護官事務所 0980-82-4768
石垣市教育委員会文化課 0980-83-7269
西表野生生物保護センター 0980-85-5581

54435006_2226930244214576_6187062907155513344_n.jpg


小学校の前で。・・・・・カンムリワシ交通事故発生

2019年1月16日 7:40 石垣市富野の小学校前野道路で、

交通事故に遭ったカンムリワシを登校中の児童が発見しました。

カンムリワシは顔面を強打しており、右顔面の著しい腫脹と、右眼の眼内出血、

口腔内からの出血もあり、かなりの重傷です。

現在野生動物救護ドクターのもとで治療を受けています。

2016年から、カンムリワシが犠牲になる重傷死亡事故が続いています。

交通事故件数はほぼ横ばいですが、死亡事故件数が増加、被害個体の損傷が激しい症例が増えています。

これは加害自動車が相当な速度をだしていたと考えられます。

子供たちの見本となる大人でいたいですね。

制限速度を守るのは運転免許を持つ大人として当たり前のことでしょう?

1月マップ小

どうか安全運転で・・・

2018年のカンムリワシの交通事故件数は15件、そのうち13件でカンムリワシが死亡しました。

内訳は石垣島で9件内8羽死亡、西表島6件内5羽死亡。

カンムリワシの死亡事故件数は過去最多となってしまいました。

grahu20181229.jpg

事故件数は横ばいでも、死亡率が高いのは、

衝突時の衝撃が激しかったこと=速度超過の車にぶつかった可能性が高いといえます。

2016年から即死、あるいは瀕死といった状態のカンムリワシの救護が相次いでいます。

島にお住まいの皆さんも日々の交通量増加や速度超過の車の増加を実感していると思います。

時速40km/hで走行していればお互いに回避できるでしょう。

避けきれない事故だったとしても、命は助かる可能性が高くなります。

安全運転をお願いするのはそのためです。

カンムリワシの生息地の中に道路があることを心に留めてください。

(12月発行)カンムリワシ運転注意マップ小

P1180130_Moment(4).jpg




プロフィール

よんなー

Author:よんなー
カンムリワシリサーチのブログです。

Facebook
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: