カンムリワシ・野生動物の交通事故を防ぎましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾の野生生物保護施設を視察②

民間のボランティア団体Taichung Wildlife Conservation Groupも見学させていただきました。

1階が飲食店のアパートの上階が救護施設となっていました。

P1180853.jpg

バスルームがリハビリケージ!!!

P1180847.jpg
P1180851.jpg

様々な動物が受け入れられていました。

P1180846.jpg
P1180858.jpg

レスキューにも駆けつけるので365日休みなしです。

国が運営する前述の施設とはあきらかに規模が違いますが、スタッフの方々の熱意は負けていません。


こちらの団体はフクロウの巣箱の設置と観察など、環境教育にも力を入れているようです。

P1180862.jpg
P1180885.jpg

小学校での巣箱設置、観察するプログラムが行われていました。

P1180891.jpg
P1180895_20151205230838a85.jpg
P1180896.jpg

P1180904.jpg
P1180906.jpg

小学生がペイントした巣箱。かわいらし猿の絵が描かれています。

P1180909.jpg

モニターで中の様子が観察できました。巣箱の中にはオオコノハズクがいました。
この巣箱では今年2回目の繁殖が行われているそうです。

教室でもライブカメラで確認できるそうです。
身近な野生動物をモニタリングできる環境がすばらしいですね。

朝6:45からスタートして台北のホテルに帰ったのは夜10時を過ぎていました。

とても密度の濃い充実した一日でした。

案内してくださった台湾猛禽研究会の曾さん、蔡さん、本当にお世話になりました。

見学させていただいた関係機関の皆様もありがとうございます。

谢谢! 谢谢!











スポンサーサイト

台湾の野生生物保護施設を視察①

シンポジウムの翌日は台中まで移動しました。

P1180770.jpg
P1180762.jpg

南投県の横山にて猛禽を観察しました。

パイン畑とビンロウヤシの並木の中に観察道がありました。

P1180764.jpg

ハチクマ、カンムリオオタカを観察する事ができました。

P1180778.jpg

ここはカザノワシやオオカンムリワシも観察できるポイントだそうで、、観察している方もたくさんいました。

その後、行政が運営する「Wildlife First Aid Station」を見学しました。

P1180805.jpg
P1180800.jpg

診察室、治療器具、屋内ケージ等が整っていました。

P1180813.jpg

公園内にある、ログハウス風野外ケージ。

P1180815.jpg

室内装飾もかわいらしですが、通気性や掃除のしやすさも考慮された作りでした。

P1180810.jpg

P1180812.jpg
オオカンムリワシがオープンな柵の中にいました。

断翼して飛べないとはいえ、あまりにもオープンで驚きました。
八重山のカンムリワシよりも2回りほど大きいので、イヌやネコに襲われる心配はないのでしょうか。

少し離れた場所には大規模なリハビリ施設がありました。
P1180832.jpg


P1180817.jpg
P1180818.jpg

動物種やリハビリの段階に応じて使いわけているようですが、それにしても大きい!!!

P1180825.jpg

高さ6メートル、幅5メートル、長さ30メートル!!!!! 

手前にはパイプをすだれ状にぶら下げてありました。
障害物を回避して飛ぶリハビリ用だそうです。

体重、餌の食べ具合、筋肉の状態等の体力回復に加え、このケージ内10往復をクリアできれば放鳥に至るそうです。

とても勉強になりました。

menfukurou.jpg







台湾猛禽生態検討会に参加しました

2015年11月28日 国立台湾大学で行われた「台湾猛禽生態検討会」にカンムリワシ・リサーチのメンバー3名が参加しました。

P1180587.jpg

シンポジウムのトップバッターでカンムリワシ・リサーチの宮城さんが八重山のカンムリワシ、我々の取り組みについて発表しました。
P1180590.jpg
P1180598.jpg
P1180615.jpg
P1180600.jpg

9:00~17:30まで、台湾の猛禽類研究者の発表、ポスターでの研究発表が行われました。
台湾の猛禽類研究者の熱意に圧倒されました。

P1180584.jpg

抄録と記念品。 どれもデザインがとても素敵です。

P1180705.jpg

会場となった台湾大学の構内ではカンムリオオタカ、タイワンオオコノハズクを観察することができました。

とても有意義なシンポジウムでした。

台湾猛禽類研究会の皆さん、ありがとうございました!とても勉強になりました。





カンムリワシリサーチについて

カンムリワシ・リサーチ とは・・・・

2006年に発足した地元八重山で活動する鳥類調査・保護団体です。

カンムリワシを八重山の陸域生態系のアンブレラ種としてとらえ、

八重山の自然環境を保全することを目的としています。

メンバーは約15名。

行政や自然保護団体の委託調査、近年増加している交通事故の対策、

救護個体のケアや野外復帰、観察会や講演などの普及活動、

その他、地道なモニタリング調査などを行っています。

毎年、旧正月の一週間を カンムリワシ週間 に設定して、カンムリワシ観察会や講演会、
交通事故防止啓発などを行っています。

2010年のカンムリワシ週間は2月14日~2月20日です。

あやぱに(カンムリワシ幼鳥)顔写真募集の結果発表・写真展示はこの期間に行います。

ふるってご参加ください!!


kannsatsukai2.jpg 2008年 カンムリワシ観察会の様子

プロフィール

よんなー

Author:よんなー
カンムリワシリサーチのブログです。

Facebook
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。